動画アンサー

無料動画をネットに掲載する場合について

無料動画に関してオリジナルとして個人で作った場合は、個人に著作権を所有していて、原則的にどこにもネット上に載っていない個人の動画であれば、誰の許可も得ずに掲載する事は出来ます。
しかし、著作権を所有している他の著作者の動画をネット上に掲載するためには、原則的に無断でネット上に掲載する事を禁止しています。勝手に著作者の同意を得ずにサイト上などに掲載すると、著作権法の違反になって訴訟になる事もあり得ます。
最近では様々なサイト上にアニメや面白い動画などを掲載していて、アニメや面白い動画などに関する著作権を持っている人は、動画サイトに何の許可もなくて掲載できます。勝手に自分の著作権を所有する動画を掲載した場合に、動画サイトなどに通告して、運営サイトの管理者がサイトから著作権法に違反していると思われる動画を削除する事ができます。
最近では、自分で持っている映画などの掲載に関しても厳しく制限されていて、動画などのダウンロードに関して厳しく制限する法律が制定されました。著作権を得ている映画などをネット上にアップロードする場合は、著作権を持っている人の同意を得て、勝手にネット上にアップロードしない事が原則です。

動画の閲覧制限の必要性とは

最近では無料動画サイトが増えており、幅広いジャンルの作品が投稿されています。ジャンルによっては青少年育成に悪影響を与えることが多く、閲覧制限をかけるように対処すべきです。
動画を見るためには安心して快適に視聴できるようにする必要があり、サイト内で内容を審査してから投稿を許可するようにする方法が望ましいです。YouTubeなどの有名なサイトでは投稿者自身でプライバシー設定をすることができ、責任を持って投稿する必要があります。
動画を投稿するには閲覧する相手のことを考えながら内容を把握して対処する必要があり、18歳以上でしか閲覧できないジャンルなどはプライバシーの設定を行うことが重要です。動画を見ることで新たな感動や発見ができるなど様々なメリットがあるものの、動画を投稿して相手に見せるためには悪影響や不快感を与えないように責任を持つ必要があります。
最近ではレンタルビデオなどをする作品を無料動画として提供していることが多く、ジャンルによって閲覧制限をかけていることが多いです。パソコンは不特定多数の人が利用するためにセキュリティソフトを導入して閲覧制限をかける方法が望ましく、幅広い年代に楽しめる環境にする方法が望ましいです。